コロナワクチン 朧に見えて」気水

朝までほぼ快晴の空であったが、 ほとんど冷え込みはなく4月上旬位の暖かさ。 朝の内から巻雲が見え始めるが、 昼頃までは良く晴れていた。 13時頃から層積雲が急速に広がる。 低気圧や前線に伴う雲が北から近づいてきている。 前線の南側という事で気温は高い。 平年を7~8℃上回り、4月上旬から中旬の気温となる。 まだ湿度は低い…
コメント:0

続きを読むread more

「朧月 淡く暈かけ 何処へと」気水

昨日は、薄曇り状態が続いて朧な空であった。 夕方には、薄っすらと太陽が暈を被り、 またしても期待を持たせる空模様となった。 自然現象は、期待をしながら待つと期待外れとなることが多い。 ふとした時に目に入るので楽しみがあるのかもしれない。 という事で、昨日も思いは叶えられなかった。 17時過ぎの太陽である。 暈は…
コメント:0

続きを読むread more

「木の葉隠れの 白頭鳥目白」気水

朝の冷え込みは弱く、3月下旬の気温であった。 暖かい空気が入っていたわけではないが、 曇り空のため、放射冷却が弱かったのが理由である。 上層の雲のため、より放射冷却を弱めた。 日中も同じような雲に覆われていた。 弱弱しいが陽射しはあり、日中の気温はそこそこ上がった。 広島市では、3日ぶりに13℃を超えた。 昨日と比べるとホ…
コメント:0

続きを読むread more

「鶯や やや控え目に 木の間より」気水

昨日21時過ぎから降り出した雨は、 今日昼過ぎまで降り、降水量は15ミリ前後。 程よいお湿りと言えるくらいの雨であった。 朝の冷え込みはそれほど強くなく、 平年を2℃程度上回る。 日中は、あまり気温が上がらず、 15時半まででは8℃に届いていない。 昼間の気温としては、平年を3℃余り下回る。 雨が止んだ後、やや上昇傾向で…
コメント:0

続きを読むread more

「狙ひ定めて 動く甲斐なし」気水

今週は、日を追うごとに気温が下がってきている。 朝の気温は、広島市で久しぶりに平年を下回る。 それでも日中は、平年を1℃ほど上回るが、 暖かさに慣れた身体には寒く感じられた。 昼前までは晴れていて、裏の山ではウグイスが鳴いた。 去年は3月2日に、一昨年は3月5日に初めて鳴き声を聞いたので、 今年は少し早い初鳴きである。 2…
コメント:0

続きを読むread more

「パソコンの 仔猫の画面 春愁ひ」気水

昨日今日と気温は下がってきているが、 まだ平年よりは高い気温である。 昨日の夕方、期待した太陽周りの現象は、 残念ながら思い通りにはいかなかった。 それでも半円型の暈と片方だけの幻日は見られた。 昨日のこの書き込みの後、 カメラをもって電線や電柱が画面に入らないところへ。 取り敢えず半円の暈だけを画面に収めた。 …
コメント:0

続きを読むread more

「流れ流れて 行き着く先は」気水

思っていたほど気温は下がらず、 朝の気温は昨日より高い。 日中は、昨日より低くなったものの、 3月終わりから4月初めの暖かさが残る。 朝から晴れて、穏やかな春の陽射しに恵まれた。 昼過ぎからは、上層の雲が広がりを見せたが、 完全に曇り空になるような感じではない。 14時51分の宮島の様子である。 巻雲が広がっ…
コメント:0

続きを読むread more

「梅の花 枝垂れて甘き 香りかな」気水

今日も季節外れの暖かさ。 昨日、広島市の日較差の事を少し書いたが、 後で調べてみると、2月としては記録的に大きいことが分かった。 広島地方気象台は、1988年に移転しているので、 それ以降の記録を調べてみた。 それ以前は、もっと海に近い所にあったので、 日較差は移転後より小さいと考えられる。 そこで記録であるが、 199…
コメント:0

続きを読むread more

「春一番の 贈物つき」気水

昨日は、春一番の発表が北陸から始まり、 中国、四国、九州北部が昼過ぎに発表。 夕方には東海も春一番の発表があった。 今日は、昨日の春一番の続きである。 朝から快晴で、気温も平年を3~4℃上回る。 日中も南寄りの風がやや強く吹き、 気温もうなぎ上りで今年初めて20℃を超える。 広島市や大竹市では日較差も16℃ほどあった。 …
コメント:0

続きを読むread more

「彼の山か スギの花粉の 飛び来る」気水

ここ数日の寒さから一転、今日は暖か。 朝はほぼ平年並みの冷え込みであったが、 日中は、水銀柱はうなぎ上り。 平年を6~7度上回り、花見頃の暖かさとなった。 南寄りの風がやや強く、花粉の存在が感じられる。 薬は飲んでいるのであるが、時折訳もなくくしゃみが出る。 くしゃみが出るのに訳がないわけではなく、 何かが鼻の奥を刺激して…
コメント:0

続きを読むread more

「花を見下ろす 上弦の月」気水

寒さは、昨日より少し緩んだが平年よりは低い。 日中の気温も予想されたほどは上がらず、 15時現在10℃に届いていない。 天気も、昼頃まではすっきりしない空で、 ほとんど曇り空が続いた。 昼過ぎ、寒さはあったが晴れ間も多くなったので、 近くの桜の様子を見に出かけた。 河津桜であるが、花の数がかなり多くなっている。…
コメント:0

続きを読むread more

「雪降りて まだまだ寒い 雨水かな」気水

今日は二十四節気の雨水。 雪は雨へと変わり、氷も融けて水となる頃。 しかし、現実は久しぶりの積雪であった、 昨日から雪が舞っていたが、積雪と言えるほどは降っていなかった。 夜の間にかなり降ったようで、 今朝は、我が家あたりで2cmほどの積雪となった。 道路辺りはすぐに融けてしまったようだが、 周りの山々は、昼頃でもまだ白く…
コメント:0

続きを読むread more

「草木の上に 綿帽子かぶる」気水

予想通りに良く冷えた。 0℃前後の気温で寒い朝であった。 家の周りは、薄っすらと白くなっている。 昨夜遅くの降りだしは雨であったが、 いつの間にか雪に変わったようである。 雪はすぐになくなるが、 日中も雪が降ったり止んだり。 時折強く降り、一時草木の上が白くなる。 晴れ間も出るが、雪の降っている時間の方が長い。 気温は…
コメント:0

続きを読むread more

「春浅し 木の葉隠れの 陽の光」気水

昨日の朝は記録的な暖かさであったが、 夜には気温が下がり、日最低気温としては番外となった。 それでも、今朝の気温は予想されたほどは冷えず、 3月下旬ごろの気温であった。 日中も、昨日よりかなり低くなったものの、 3月上旬位の気温であった。 昨日から南岸を北東進した低気圧は、 急速に発達し、気圧が948hPaまで下がった。 …
コメント:0

続きを読むread more

「時の流れの 速きことかな」気水

昨日からの雨は朝には上がり、 暖かい朝を迎えた。 朝までの最低気温は、12℃前後であった。 広島市も大竹市も2月としては上位3~4位の記録である。 あくまでも、今夜この記録を下回らなければの話である。 予想では、今夜から気温は下がる見込みなので、 日最低気温の記録としては残らない。 降水量は、30ミリ前後でこの時期としては…
コメント:0

続きを読むread more

「孫からの バレンタインの 心付け」気水

昨日は、久しぶりに意を決して広島市内へ行った。 暫くご無沙汰の塾での今後の打ち合わせ。 コロナ騒ぎも、多少落ち着きを見せてきたので、 4月くらいからまた出向くことになった。 頭の体操と運動がてら家から外へと活動範囲を・・・ 子供相手に話をすると気分が晴れやかになる。 年寄りの勝手な意見かも知れないが、 それはそれとして捉え…
コメント:0

続きを読むread more

「微温く流れる 老いも若きも」気水

気怠い朝を迎えた。 3月下旬の気温の朝であった。 日中は4月上旬の気温まで上がった。 朝のうち曇り空であったが、昼前には晴れてくる。 昨日の予想を覆す空となった。 特に出かけるところもなく、 昼過ぎに近くの桜の様子を窺いに行ってみた。 河津桜の花は、昨日開花した枝で3輪咲いていた。 この暖かさなので、もっと開花が進んでい…
コメント:0

続きを読むread more

「すでに春 大つごもり(大晦)に 温き昼」気水

今日は、陰暦の師走の三十日である。 いわゆる大晦日、おおみそかである。 陰暦では、明日が正月で新春を迎える。 二十四節気では、すでに立春を過ぎている。 年内に立春を迎えるという事で。年内立春と言われる。 特別珍しい事ではなく、ほぼ2年に1度ある。 何時から春が始まるのかと決まりがあるわけではないが、 気象の世界では、一応3…
コメント:0

続きを読むread more

「弾性振動 いつまで続く」気水

朝は0℃前後まで冷え込んだ。 広島市ではちょうど0℃、 大竹市では-0.3℃で冬日となった。 日中は、昨日と比べて1~2℃高くなった。 思ったほど上がらなかったが、 広島市で11.6℃、大竹市で12.9℃であった。 天気は、朝から快晴で昼頃から上層の雲が少し出る。 陽射しを遮るようなことはなく、室内では暖かい。 …
コメント:0

続きを読むread more

「余寒かな 朝の目覚めの 悪いのは」気水

ここ数日と比べると少し寒い朝であった。 それでも平年と比べると1℃弱高い。 日中は、昨日を1~2℃下回ったが、 平年の気温をわずかに超えた。 朝の目覚めの悪さを余寒の所為にするわけではないが、 すっきりした目覚めではなかった。 今日は、語呂合わせでふくの日とか。 ふくにもいろいろあるが、どのふくであろうか? …
コメント:0

続きを読むread more