秋の土用の入り、まだまだ台風が・・・

1か月半以上のサボりである。 前回の投稿は、まだまだ残暑が厳しい頃。 さすがに10月の下旬ともなると、秋らしくなってきた。 それでも、平年より高い日が多く晩秋の感じはあまりない。 今日は、旧暦では九月二十三日。 10日前には十三夜で、今日は下弦である。 14時38分の宮島の様子である。 朝から曇り空であったが、…
コメント:0

続きを読むread more

暑さがぶり返す・・・

8月下旬は、平年を下回る気温の日が続いていたが、 昨日から暑さがぶり返した。 熱帯夜にこそならなかったが、 今朝の最低気温は、広島市で24.6℃、大竹市で24.8℃。 久しぶりで寝苦しい夜であった。 最高気温も、お盆以降初めて33℃を超えた。 暑さのピークだったお盆前にはかなわないが、 しばらく比較的涼しい日を過ごした身に…
コメント:0

続きを読むread more

八朔

今日は、旧暦の八月一日、八朔である。 残暑も多少収まり、秋に気配も感じられる。 旧暦では、仲秋なのである意味当然かもしれない。 来月13日は、中秋の名月ということになる。 ちょうど2週間後であるが、天気はどうであろうか? 14時49分の宮島の様子である。 多少晴れ間はあるが雲が多い。 視程もそれほど良くない。 …
コメント:0

続きを読むread more

早くもお茶の花が咲いた・・・

昨日今日と2日連続で、 熱帯夜からも真夏日からも解放された宮島周辺。 天気は良くないが秋の気配が感じられる。 今朝、庭のお茶の木に花が一輪咲いていた。 正確な統計は取っていないが、 いつもの年よりかなり早い開花である。 蕾もいくつか見られる。 今週は、すっきり晴れる日がなく、 秋雨模様である。 時折晴れ間も…
コメント:0

続きを読むread more

処暑

久しぶりの投稿であるが、 何回か書き始めたものの、途中で消えてしまい止めていた。 ブログのスタイルが変わってから、何やら使いにくくなった気がする。 それはそれとして、今日は二十四節気の処暑。 暑さも収まる頃と言われる。 まだ熱帯夜となる日が多いが、 先日20日には、日最低気温が25℃を下回った。 連続熱帯夜が26日で途切れ…
コメント:0

続きを読むread more

やっと梅雨明け・・・

一昨日大暑を迎え、 昨日、九州から四国、近畿、北陸で梅雨明けが発表された。 中国地方は、置いてきぼりであったが、 今日、梅雨明けが発表されて遅れていた夏となった。 前回投稿の15日には、アブラゼミがまだ鳴かないと書いた。 翌16日には、例年よりかなり遅かったものの鳴き始めた。 この辺で聞かれる蝉は、すべて鳴いており夏本番であ…
コメント:0

続きを読むread more

ツクツクボウシが鳴き始めたが、アブラゼミの鳴き声がまだ・・・

今日昼前、ツクツクボウシの鳴き声が聞こえてきた。 一番最後に鳴き始めるのが普通であるが、 今年は、まだアブラゼミが鳴かない。 クマゼミは盛んに鳴いているが、 まだ、例年ほどの姦しさはない。 今日は、朝から青空が顔を出し梅雨晴れとなっている。 気温も、広島市で昼前に30.6℃を記録、真夏日となった。 大竹市も、3日ぶりで真夏…
コメント:0

続きを読むread more

今日は小暑で、今日から暑中。

梅雨らしくなく雨の少ない宮島周辺、 今日もよく晴れて真夏日となった。 湿度は、昨日あたりよりは低くなったものの、 乾燥状態からは程遠い。 かなりの蒸し暑さを感じる。 今日は小暑であるが、例年なら梅雨の最中で、 まだ暑中という感じではない。 梅雨入りの遅かった今年の梅雨、 最初の数日だけは、梅雨らしい天気であったが、 そ…
コメント:0

続きを読むread more

太陽が最も遠くなる・・・

今日は、地球が遠日点を通過する日。 逆に、月の方は三日月で地球に近づいている。 見てわかるほどの差ではないが、 太陽は小さく、月は大きく見えているはずである。 太陽が遠くなっても、暑さの方は関係ない。 ここ宮島周辺では、真夏日にはならなかったものの、 蒸し暑い状態は続いている。 14時58分の宮島の様子である。 …
コメント:0

続きを読むread more

大雨はひとまず峠を越す・・・

九州を中心にした先月下旬からの大雨、 ひとまず峠を超え、今日は晴れ間も顔を出した。 しかし、来週にかけても大雨の恐れは残っている。 1000ミリを超える降水量を観測して所があるが、 その割には、幸いなことに被害の程度は少ないようである。 宮島周辺では、あまり降らず少雨傾向は続いている。 14時58分の宮島の様子である…
コメント:0

続きを読むread more

九州南部を中心に大雨・・・

ここ数日、九州を中心に大雨となっている。 鹿児島県や宮崎県を中心に雨の量が多くなっている。 アメダス観測点ではあるが、 観測史上の記録を更新した地点もある。 6月下旬から7月上旬にかけて大雨が続くことが多い。 今年も、今しばらく大雨の降りやすい状態が続くようだ。 平成○○年7月豪雨という名がつけられたことがあるが、 今年は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱帯夜一歩手前

6月最後の日の今日、蒸し暑い朝を迎えた。 大雨予想にもかかわらず、大した雨は降っていないが、 気温、湿度ともに高い。 今朝の最低気温は、広島市で24.7℃、 大竹市で24.4℃と梅雨明け頃の気温であった。 各地で、大雨のニュースが流れているが、 ここ宮島周辺では、大した雨は降っていない。 大雨警報の発表も予想されていたが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨入り三日目、真夏日となる。

記録的に遅い梅雨入りとなった宮島周辺であるが、 梅雨入り三日目の今日、今のところ雨は降っていない。 ただ湿度は高く、真夏日となり蒸し暑さが募る。 今朝の最低気温も、今年一番の高さとなった。 昨日18時に、四国の南で台風3号が発生した。 フィリピンの東の海上を北上してきた熱帯低気圧が、 気象庁の予想より遅れて、やっと台風として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっと梅雨入り・・・

まだ梅雨入りが発表されていなかったが、 今日午前、九州北部、四国、中国、近畿の各地方、 やっと梅雨入りが発表された。 いずれの地方も、統計史上最も遅い梅雨入りである。 いつもの年なら、そろそろ梅雨末期に入る頃でもある。 20年前の6月29日には、 広島市周辺で大雨による大規模な土砂災害が発生した。 6.29災害と呼ばれてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだ梅雨入りせず・・・

今日も晴天続きの宮島周辺。 東北地方にまで先を越された梅雨入りであるが、 九州北部から近畿にかけては、 当然、今日も梅雨入りの発表はなかった。 次のタイミングは、明後日の土曜日が考えられるが、 来週の天気が微妙である。 統計史上最も遅い梅雨入りは、 九州北部で6月22日、四国と近畿で6月21日。 中国地方では、1968年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨入りを前に乾燥状態・・・

まだ梅雨入りが発表されない中国地方であるが、 宮島周辺では、乾燥状態が続いている。 この所、乾燥注意報が出続けている。 特に珍しいわけではないが、 蒸し暑さを感じなくて済むためいいともいえる。 今月7日の日の大雨を除いて、雨らしい雨は降っていない。 明日から明後日にかけても、かなりまとまった雨になるようだ。 梅雨入り前の大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入梅

今日は、雑節の入梅である。 現実には、まだ九州北部から近畿は梅雨に入っていない。 この頃には、梅雨の季節が始まるということで、 暦の上で(太陽の黄経で決められている)のことである。 宮島周辺では、おおむね晴れの天気が続いている。 昨日は、広島県内でも一部でにわか雨があった。 今日も、にわか雨の所があり、 ここ宮島周辺でも、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東日本で梅雨入り・・・

昨夜半ごろから降り出した雨は、 今朝にかけて、宮島周辺でも大雨となる。 我が家の雨量計で84.5ミリ、 広島市で80ミリ、大竹市で97.5ミリ、廿日市津田で122ミリ。 大雨洪水警報が発表され、一時土砂災害警戒情報も出された。 避難勧告の発令された地域もある。 最近運用の始まった警戒レベルでは、 5段階で2番目に警戒度の高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「芒種とか肌に纏はる湿気あり」気水

今日は二十四節気の芒種。 梅雨近しの天候となってきている。 今日の宮島周辺では、32℃を超え今年1番の暑さ。 昨日より湿度は低くなったものの、蒸し暑さも。 日中の湿度は30%台まで下がっていたのだから、 蒸し暑く感じたのは、暑さに体が慣れていないせい? 先月と比べて、今月に入ってからの水蒸気圧は、 かなり高くなってきている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界環境デー(World Environment Day)

あまり知られていないが、今日は環境の日。 国際的には、世界環境デーである。 廃棄プラスチックによる海洋汚染がよくニュースになるが、 大気汚染も一頃よりは良くなったとはいえ、 まだまだ完璧とは言い難い。 プラスチック問題では、レジ袋がやり玉に挙がっている。 有料化したからと言って解決はしないと思うのだが・・・ 本質をすり替え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more