「熊蝉が 早鳴き始め 他の蝉は」気水

今年1番の暑さであるとともに、今年初めての猛暑日である。 早くもクマゼミが鳴き始めた。 数日前から遠くで鳴いているのが聞かれたが、 余りにも早いので半信半疑であった。 しかし、今朝は近くの山からはっきりと鳴いているのが聞こえた。 梅雨が明けたというので鳴き始めたのであろうが、 過去にこんなに早く鳴いた記憶はない。 例年なら…
コメント:0

続きを読むread more

「北に立ち 南に立ちて 雲の峰」気水

6月最後の日も暑い一日であった。 全国で40℃になった所はなかったが、 10地点以上が39℃以上を記録。 6月の高温記録を更新した所が多数あり、 広島県でも4地点で更新した。 加計で36.2℃、府中で36.0℃、三次で35.3℃、庄原で35.0℃。 庄原では、6月としては初めての猛暑日である。 宮島周辺も暑く、 最高…
コメント:0

続きを読むread more

「水無月や 水源の山 雲懸かる」気水

今日は、東北南部でも梅雨明けが発表された。 平年より25日も早い梅雨明けとなる。 東北北部を除き、すべての地域で梅雨が明けたことになる。 こんなに早い梅雨明けと共に梅雨期間も短い。 本当に梅雨があったのかと疑いたくもなる。 今日は、陰暦六月朔日で水無月の始まりである。 水無月の語源にはいくつか説があるが、 正に、水のない月…
コメント:0

続きを読むread more

「梅雨明ける 何も変はらず 暑さのみ」気水

今日、九州北部、四国、中国、近畿、北陸地方の梅雨明けが発表された。 予想通り、今日の梅雨明けとなった。 梅雨明けのパターンは3つある。 一つ目は、典型的な梅雨開けパターンで、 梅雨前線が北上して梅雨が明けるパターン。 梅雨明け十日と言って、梅雨明け後晴天が続くことが多い。 二つ目は、今年のように前線消滅型。 本州付近にかか…
コメント:0

続きを読むread more

「雨降らず 蒸し暑さのみ 梅雨末期」気水

早早と、九州南部、東海、関東甲信地方の梅雨明けが発表された。 平年と比べると20日前後早い梅雨明けである。 梅雨の期間も記録的に短く、 九州南部で16日、東海で13日、関東甲信で21日である。 過去に例のない短さである。 そこそこ雨の降った所もあるが、少ない所が多い。 暑い日も続いており、東京では3日連続の猛暑日。 一昨日…
コメント:0

続きを読むread more

「虎が雨 富士の裾野は 降ったげな」気水

今日、陰暦五月二十八日は曾我兄弟の仇討の日。 曾我兄弟が、父の仇工藤祐経を討った日である。 しかし、兄の十郎祐成が討ち取られた。 それを悲しんだ祐成の愛人、 大磯の遊女虎御前の涙が雨となって降ると言われる。 大河ドラマでもあったように、 頼朝の富士が原での鷹狩りに便乗したものらしい。 当日は大雨だったようだが、 ドラマで…
コメント:0

続きを読むread more

「五月闇 倉橋島に かかる雲」気水

天気予報は外れるために存在する? この所、天気予報の精度はあまり良くない。 昨日の夕方発表の今日の予報では、雨で昼過ぎから曇り。 今朝の予報では、曇りで昼過ぎから時々晴れと修正されていた。 実際の今日の天気は、朝の内は曇り、昼前から時々雨である。 晴れ間が広がると変更されたものの、どちらも外れ。 昨日に対する予報も外れ気…
コメント:0

続きを読むread more

「風鈴や 古里人の 石の音」気水

今朝は蒸し暑かった。 広島市の最低気温は26.3℃である。 これは、6月の観測史上1位タイの高温記録である。 我が家でも朝までの最低気温は25.6℃で、 今年初の熱帯夜であった。 大竹市では24.6℃で熱帯夜一歩手前で、 6月の10位にあたる高温であった。 何とも梅雨明け前の蒸し暑さには閉口した。 最高気温は、昨日ほどで…
コメント:0

続きを読むread more

「アオスジも 黄揚羽も来て 揚羽蝶」気水

最近、というよりかなり前からアゲハチョウがよく来る。 種類も多く、我が家でよく見かけるのは、 黄揚羽とカラスアゲハである。 アオスジ揚羽もよく来るが、たまにモンキアゲハも見かける。 モンキアゲハというが、紋の色は白い。 庭の草木の間を行ったり来たり。 強めの風にも飛ばされずにしっかりと飛んでいる。 体に比べて翅の大きい蝶が…
コメント:0

続きを読むread more

「隠れたり 顔を出したり 梅雨の山」気水

今日は、奄美地方の梅雨明けが発表された。 平年より1週間ほど早い梅雨明けである。 梅雨入りは、平年より遅い所が多かったが、 梅雨明けが発表された沖縄と奄美では、 梅雨入りも平年より早かったが、 梅雨明けも平年より早い発表である。 中国地方では、梅雨入り発表から1週間余りであるが、 梅雨明けの気配が見え隠れしている。 …
コメント:0

続きを読むread more

「夏至の日や 昼間の長き 雲の上」気水

今日は夏至である。 太陽が空に浮かんでいる時間が1年で最も長い日。 地上では、雲に隠されて見ることができなかったが、 雲の上では、高い位置から雲を照らしていたのであろう。 未明から雨が降ったり止んだり。 この時間は止んでいるが、そこそこ降った感じである。 15時までの24時間降水量は、広島市で9.5ミリ、大竹市で24.5ミリ…
コメント:0

続きを読むread more

「溝浚へ 蚊の住処なり 如何にせん」気水

今日は沖縄で梅雨明けが発表された。 平年より1日早く、去年より13日早い。 沖縄が梅雨明けしたという事は、 梅雨前線が沖縄より北に移り、本州に近づくという事。 多くの場合、本州付近を北に上がったり南に下がったりする。 つまり、本州付近で雨の強弱を繰り返すことになる。 6月下旬から7月上旬にかけての大雨時期に重なる。 毎年の…
コメント:0

続きを読むread more

「硝子戸で 腹を見せたり 守宮の子」気水

蒸し暑さの続く今日この頃である。 最低気温は、昨日より少し高くなり、 広島市で23.5℃、大竹市で22.2℃。 最高気温は、広島市で30.5℃、大竹市で30.0℃。 いずれも平年より3℃前後高い。 湿度も昨日とあまり変わらずやや高めである。 13時58分の宮島の様子である。 昼頃までは陽射しもあったが、 少し…
コメント:0

続きを読むread more

「山山や 青葉若葉の 入り交じり」気水

今日も梅雨は小休止。 14日に梅雨入りしたとみられると、梅雨入りが発表された。 されど、翌日朝までは雨が降ったが、 その後は雨は降っていない。 一部の地域ではにわか雨があったが、 多くの所は雨は観測されていない。 何とも冴えない梅雨入りであるが、 この様な年もないわけではない。 広島市では、雨こそ降っていないが、 …
コメント:0

続きを読むread more

「薄曇り 老鶯鳴きて 上の空」気水

今朝は、晴れ間は見られるが薄曇り状態。 最低気温は、広島市で21.2℃、大竹市で20.7℃。 平年より1℃余り高い。 湿度も、昨日ほどではないがかなり高い。 蒸し暑い朝であった。 日中も、晴れ間は見られるが雲が多く薄曇り。 気温は上がって、広島市で31.1℃、大竹市で30.9℃。 どちらも5月29日と同じ気温で今年1番タイ…
コメント:0

続きを読むread more

「サングラス 息して曇る 鼻に布」気水

今朝は、蒸し蒸しどんよりの夜明けであった。 朝の湿度は、我が家で98%、広島市でも87%。 我が家周辺は霧に覆われている。 宮島は全く見えず、層雲の中のようである。 最低気温は、広島市で20.5℃、大竹市で18.7℃。 平年と比べて±1℃の範囲である。 我が家の外の気温が19.9℃。 昼前には霧も薄れてきたが、蒸し暑さは募…
コメント:0

続きを読むread more

「梅雨の雨 止みて蒸し蒸し 気の曇り」気水

今日は、東北地方も梅雨入りが発表され、 北海道を除きすべての地方が梅雨に入った。 北海道は梅雨がないので梅雨入りもない。 宮島周辺では、昨日一旦雨は上がったが、 次なる低気圧の接近で夜半頃からまた降り出した。 今日昼前まで降ったり止んだりであった。 その後、概ね曇り空であったが、 昼過ぎには晴れ間も見られるようになる。…
コメント:0

続きを読むread more

「目覚むれば 雨しとしとと 梅雨に入る」気水

昨日の夕方から弱い雨が落ちて来るようになる。 止んでいる時間の方が長かったが、 夜半までに我が家で0.1ミリの降水量を観測している。 今日日中は、降っている時間の方が長く、 16時までの降水量は9.8ミリ、合わせて9.9ミリである。 広島市で8.5ミリ、大竹市で9.5ミリの降水量。 雨は強く降ることはなく、しとしとと降り続い…
コメント:0

続きを読むread more

「目を閉じて 夢流れ行く 明易し」気水

近頃、朝目覚めるのが早いのは年の所為。 夜、目を閉じて、いつのまにか寝ているようである。 寝ている間に、何やら夢を見ているようであるが、 夢の途中だろうが目が覚める。 すでに外は明るくなっている。 夏至の前ではあるが、日の出の時間は今頃が最も早い。 宮島周辺では5時前には日が昇っている。 今朝は、薄日が射すくらいの薄曇…
コメント:0

続きを読むread more

「じっとして 逃げ足速き 蜥蜴かな」気水

今日は、朝から蒸し暑い中、町内一斉清掃であった。 毎年この時期に行われるのであるが、 その後、レクレーションをして懇親会が行われるのが常であった。 ここ数年は、コロナの影響で実施することができていない。 今年もやはり中止である。 世の中、いろいろと規制が緩められつつあるが、 その扱いが難しいのも事実である。 何時まで続くも…
コメント:0

続きを読むread more