沈丁花の蕾・・・

また3月上旬の暖かさとなった上弦の今日。
数日前から、庭の沈丁花の蕾が赤く色づいている。
開花にはもうしばらくかかりそうであるが、
例年より早い開花になりそうである。
画像


あまり日当たりがいいところでもなく、
エアコンの室外機の風が当たりやすい場所である。
まだ蕾なので香りはあまりない。
今まであまり注目していなかったのであるが、
これから少し注目していこうと思う。

所で、今日は上弦。
家の近くにある寒桜は7分咲き程度?
写真を撮っていると、枝の間から上弦の月が見えた。
画像


両方にピントを合わせることはできないので、
月にピントを合わせて、手前の寒桜の花は暈した。

画像


14時47分の宮島の様子である。
昼過ぎまではやや雲が多かったが、
この時間は快晴に近い。
ただ、霞っぽい空で春らしい景色である。

「沈丁も香りを放つ日を待てり」気水

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年02月13日 17:45
こんばんは。

寒桜の向こうに見える上弦の月…
とても美しいお写真で驚きました。
2019年02月13日 21:12
小枝さん

コメントありがとうございます。
ご存知のように、
月は1か月弱で満ち欠けを繰り返します。
それぞれに美しさがありますが、
私は、上弦の月が好きです。
夕方に西の空に見られる三日月も綺麗です。

空を見上げると気分が落ち着きます・・・

この記事へのトラックバック