九州南部を中心に大雨・・・

ここ数日、九州を中心に大雨となっている。
鹿児島県や宮崎県を中心に雨の量が多くなっている。
アメダス観測点ではあるが、
観測史上の記録を更新した地点もある。
6月下旬から7月上旬にかけて大雨が続くことが多い。
今年も、今しばらく大雨の降りやすい状態が続くようだ。
平成○○年7月豪雨という名がつけられたことがあるが、
今年は令和元年7月豪雨という名がつけられるかもしれない。
画像


画像


今日15時20分までの、72時間降水量と24時間降水量である。
鹿児島県では、72時間で600ミリを超えているところがある。

梅雨前線の位置が南北に動くことによって、
大雨の位置も南北に移動する。
しばらく九州近辺にとどまる可能性が高いので、
西日本では、どこでも大雨の可能性がある。

画像


14時58分の宮島の様子である。
曇り空で、今日は今のところ雨は降っていない。
気温は、それほど上がっていないが湿度が高い。
蒸し暑さは相変わらずである。

梅雨入りが遅かったためもあるが、
宮島周辺では6月の降水量が少ない。
広島市では、152.5ミリで平年の62%しか降っていない。

九州も降水量は少なかったので、
このまま大雨が収まり、災害さえ起らなければ、
恵みの雨ということになるのであるが・・・・

自然は思うに任せられないので、
どうにもならないが、満遍なく雨は降ってほしいものである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック