「金雀枝や 黙して語る 声のあり」気水

梅雨が近づくと、この匂いが強く漂ってくる。
特に、今日のように湿度が高いと余計に匂ってくる。
金雀枝の匂いは、好き嫌いがあるようであるが、
梅雨近しを思わせる、季節感のある匂いである。
緑の中に、黄色(金色?)の花が目立つ。
名前からして、金色の方が適当かも知れない。
朝から雲が多いながらも晴れた宮島周辺。
湿度は比較的高い(広島県南部には乾燥注意報が出ているが)。
我が家の屋外に置いている観測器では50%台後半。
ケストレルで測ってみても、50%を切ることはない。

DSC_0024宮島1449.jpg

14時49分の宮島の様子である。
晴れてはいるが、雲が多く視程もよくない。
気温は、おおむね平年並みであるが夏日となった。

視程の悪さの原因を調べてみると、
どうやら、光化学オキシダントが原因の様である。
注意報が出るほどの濃度ではないが、
環境基準を超える、0.07ppm前後である。

敏感な人間にとっては、多少喉や目に違和感を感じる。

紫外線が強くなるこれからの季節は、
光化学注意報にも気をつけておかねばならない。
晴れて視程があまり良くない日は、
何らかの微粒子が大気中を漂っていることを表している。

そろそろ黄砂の時期は終わりに近づいているので、
これからは、光化学オキシダントかPM2.5か原因の事が多い。
最近の黄砂は、体に良くないものになっているが、
それ以外でも、視程の良くない日は、
体に良くないものが大気中を漂っていると考えた方がよさそうである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント