「荒梅雨や 好む所の ある如く」気水

今日も五月雨が各地に猛威を振るっている。
九州南部に記録的な大雨を降らせたかと思うと、
昼頃からは、九州北部で大雨となっている。
その発達した雨雲の流れが広島県にも・・・
10ミリ以上のやや強い雨が断続的に降っている。
早朝には、広島市に大雨警報が発表され、
10時06分には、廿日市市を始め県の南西部にも。
15時25分には、広島市と廿日市市に土砂災害警戒情報が出された。
15時40分までの24時間で広島市で153ミリの降水量。
広島県内の観測所の中では最も多い。
我が家でも110ミリを超えてきている。
湿度は、朝から100%が続いている。

気温は、あまり上がっておらず、25℃に届いていない。
宮島は見えず、すぐそこも霞んでいるため写真は撮れない。

大雨の原因(?)は、線状降水帯であるが、
九州北部にかかる降水帯が長く伸びている。
いわゆる収束帯であるが、
一昨日あたりの予想では、山陰沿岸にかかると思っていた。
現在は、少し南の九州北部から山口県、広島県へと掛かっている。
明日は、少し北上して山陰あたりにかかりそうであるが、
確定的なことは言えない。

いずれにしても、まだまだ大雨の降りやすい状態は続くようだ。
我が団地の周辺部でも、土砂災害警戒レベルが4の地域もある。
2年前の西日本豪雨災害から今日でまる2年。
豪雨災害の起こりやすい時期である。
今年も警戒が怠れないようである。

広島市で避難勧告が発令されていたが、
廿日市市でも一部地域に避難勧告が発令された。
周辺の状況を判断して、必要な人は早めの避難が大事である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント