テーマ:写真

朝の内小雪のちらつく宮島周辺、昨日のホオジロをアップで切り抜きました。

上空に入った寒気の影響で午前中は時折小雪が舞う。 概ね晴の天気ではあったが、時雨雲が流れてくる。 昨日撮ったホオジロの写真、少し小さかったが、 何とか切り取ることが出来た。模様もよく分かる。 様様な鳥がやってきて、写真には撮るのだが、どうしても被写体が小さい。 拡大したり、切り取ったりすると、何とか見えるようになる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒気の影響もさほどなく、多少雲が広がる程度で冬晴れとなる。

冬の柔らかな太陽に照らされて、瀬戸の海には牡蠣筏が整然と並ぶ。 宮島周辺では牡蠣の生産が盛んである。生産というより養殖であるが。 これらの牡蠣筏の下では、美味しい牡蠣が成長を続けている。 冬の寒い時期が最も味がよいとされる。 今年の冬は、なにやらウィルスの風評被害で消費がガタ落ちとなったようだ。 生で食べる分には気にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の三日月

昨日は冬至、今日はわずかに昼間の時間が伸び始めた。 しかし、日の入の時間は既に遅くなり始めており、 一番早く日の暮れた今月初めより5分ほど遅くなっている。 少し日暮れの遅くなった夕方の西の空には、三日月が。 旧暦霜月四日の月である。 三日月の傾き具合は、季節によって違い、今頃は斜めになっている。 春に向かって、この傾きは大き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢か、現か、幻か。空にはまたも幻日が!

最近、特に空を見上げることが多くなったわけではないのに、 今日も、夕方、西の空に幻日が見られた。 今月2回目である。上層雲の出来やすい気圧配置なのかもしれない。 それも、上層では乱流が少ないのだろう。 幻日は、太陽の両側に出来る可能性が同じようにあるのだが、 私が見つけるのは、ほとんどが左側である。 見る環境にもよるのだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黄葉した松?

10月も終わり、11月となった。晩秋とは思えない暑さ?暖かさが続いている。 気象庁からは、10月の観測記録が発表された。 実感されたとおり、雨が少なく気温の高い一か月だったようだ。 全国的に暖かく、西日本では1946年以降では、第2位の暖かさ。 中国地方では、下関や山口で10月としては観測史上1位の記録。 広島県でも、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雲は少なく蜘蛛多く

このところ雨が少なく、空気も乾いている。 暑い日が続いたせいか、虫が多いようだ。 それも蜘蛛や蟷螂が多いように思う。 蜘蛛がいろんなところに巣を張ると雪が多い。 先日、ある所で天気の話をした時に出た話。 蜘蛛が多いことも理由の一つだろうが、何故? 蟷螂の卵の位置でその冬の雪の量が判ると、 以前話題になった。 言われて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

街路樹のイチョウも色づき始める

朝晩は涼しさを感じるこの頃、 木々の色づきも始まったようである。 先日は桜の花も紅葉を始めていたが、 今日は、街路樹として植えられているイチョウも黄色みを・・・・ まだ一部が色づいている程度だが、 確実に黄葉が進んでいる。 色づき方は、木によっても違うし、生えている場所によっても違う。 黄葉は、木の冬籠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虹を横切る鳥

時雨模様の今朝、西の空には大きな虹がかかった。 七色がはっきりと見えるきれいな虹である。 ふと見ると、鳥が虹を横切るのが見えた。 何かいい事が起こりそうである。 朝虹は雨の兆しと言われるが・・・・ 虹は、雨粒と太陽が作り出す芸術。 西の空には、朝日に照らされた水滴の集団がある。 その水滴がやがてやって来る。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経小屋山は春のよう

経小屋山へ登ってきました。 といっても、昨日のことですが・・・・ 秋晴れの空ではあったが、靄がかかり、まるで春霞のよう。 麓の登山口までは、歩いて約一時間半。 近所の仲間四人で、あれやこれや喋りながらぼちぼち歩く。 麓までの距離の半分以上過ぎたのに、経小屋山は霞んでいる。 経小屋山の登山口はいくつかあるが、今回は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黄葉に浮かぶシャボン玉

近所を散策すると様々なものに出会える。 桜の木は、花こそ咲いていないが葉っぱが黄葉(紅葉)を始めている。 もみじより一足早く色づき始めるが、色も微妙である。 黄色っぽい色から、赤っぽかったり、茶色っぽかったり、様々である。 虫の食った後も見られる。 歩道脇の斜面には、ススキの花も散り、枯れ尾花に近くなっている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶の花が咲いた

茶の花といえば、大体は晩秋から初冬の頃に咲く。 我が家の庭には、1本だけ茶の木がある。 今朝、ふと見ると数輪白い花をつけていた。 昨年よりは少し早い気がするが、朝晩の冷え込みのためか。 今日も、宮島の空は晴れの天気が続く。 日中は気温も上がったため、私のシャツも長袖から半袖に逆戻り。 北海道や中部山岳地帯の標高の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モヤモヤした靄

今朝は、内陸部の霧だけではなく、沿岸部でも靄が。 内陸部の霧は、晴れた秋の朝には特有の物だが、 沿岸部でも秋らしくなく、見通しが悪く、靄に包まれた。 霧と靄は、視程の違いで決められる。 視程が1キロ未満になれば霧と観測される。 一応の基準になっているが、現実には主観的なものである。 原因も似たようなもので、大…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

雲を消す飛行機雲

今日も秋らしい空が広がる。 空いっぱいに巻雲が、 もつれたすじ雲が、早い動きで西から東へ。 巻雲を引き裂くように飛行機雲が東から西へ。 うろこ雲が出たかと思うと、いつの間にかひつじ雲へ。 気がつくと、ひつじ雲に切れ目がある。 切れ目の下には、やや濃い目の雲がある。 消滅飛行機雲? 飛行機が高積雲や巻積…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮島も雨雲に覆われる

青空から雨雲へ、秋らしい天気の変化が現れる。 南の海上には二つの台風が不気味な動きを・・・ 複数の台風が近くにあると、お互いが影響を与え合い、 複雑な動きをすることがある。 台風は空気の渦であり、中心に向かって反時計回りに風が吹き込んでいる。 同じ方向に回っている渦が近づけばどうなるか。 近づいたところでは、風が逆向…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋のいちじるしさは・・・

秋のいちじるしさは 空の 碧を つんざいて 横にながれた白い雲だ ・・・・・・・ 八木重吉の 白い 雲 という詩の一部だ 今日の空は、昨日の空とは一転して、上空には白い雲が・・・ 横にながれた白い雲、巻雲が空を広く覆っていた 天気は下り坂、明日は雨の降る一日となりそう この写真の右上に小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

透き通るような青空にも違いが

まさに秋晴れ。澄み切った青空が広がる。 この青空、どこでも同じ青さと思っている人もいるようだが、 場所によってその青さには違いがある。 この写真、手を加えたわけではない。 ほぼ天頂付近を撮影したものである。 左の方は青いが、右の方はやや白っぽい。 全天、ほとんど雲がなく快晴の空だったので、巻層雲がかか…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more